注文住宅を買うときに必須!住宅ローンの種類を知ろう

定番のフラット35とは?

住宅は高額で販売されているので現金一括払いで購入できる人はそういないです。これは住宅ローンと呼ばれるサービスを使うことで負担を分散して住宅購入金額を長期的に返済できるので知っておきましょう。定番の住宅ローンといえばフラット35と呼ばれるものがあります。これは長期固定金利と呼ばれるもので資金を受け取ったときに返済終了までの借入金利と返済額が確定するのが特徴です。返済中に金利が変動するリスクがないので安定して住宅ローンを返済できます。デメリットとして返済中に金利が引き下がっても適用されないので注意が必要です。住宅ローンの返済中も安心して利用できるように新機構団体信用生命保険制度が付帯します。加入者が死亡や障害状態になったときにフラット35の返済が不要になるのが強みです。

変動金利型の特徴を把握しておこう

固定金利(フラット35)は金利が変動しないのですが変動金利型は返済中でも金利が変動するのが特徴です。メリットは市場金利が下がるとそれに応じて返済中の住宅ローンの金利も下がるためタイミングが良ければ得をします。ただし常に金利が変動するので返済計画が立てにくくなるノのがデメリットです。ちなみに変動金利型は1年間に2回ほど金利の見直しがされます。基本的にすぐに変動した金利が適用されるわけではなく、実際に金利変動が適用されるのは5年ごとです。これにより返済額がアップしてもそれに対抗するための対策を行えます。変動金利型は資金に余裕のある方におすすめのサービスです。

神奈川県内で人気エリアになっているのが横浜です。横浜の注文住宅を手に入れたいという人は少なくありません。注文住宅を手に入れたい場合は、多くの注文住宅を手掛けている専門業者に相談する必要があります。