注文住宅だからこそ!家族構成にマッチした間取りを変えてみよう

注文住宅の最大のメリットを活かそう

注文住宅の最大のメリットは、何といっても間取りが自由に変えられるということです。間取りは、家族構成によって変わってきます。ぜひ、自分たちにピッタリの間取りを考えましょう。

ディンクス向けの間取りとは

ディンクスとは夫婦二人の世帯の事を指します。二人共通で過ごすLDKの他に、二人がそれぞれ趣味などに集中できるためのプライベート用の部屋があると、二人の時間も一人の時間もバランスよく過ごしやすくなる為、おススメです。共通の友人たちを招いてホームパーティをするのが好きな場合には、LDKを広く取ったり、キッチンもオープンタイプのものにするなどして、ワイワイ楽しめるようにしておくとよいでしょう。

小さな子供のいるファミリー向けの間取りとは

小さな子供がいる場合は、LDKと続くように和室を設けておくと便利です。畳敷きであればクッション性もあり、フローリングに比べると床の冷たさも緩和される為、赤ちゃんをハイハイをさせやすかったり、布団を敷いて一緒に寝たりすることができます。また、両親が泊まりに来た際の客間としても利用することができます。

大きな子供のいるファイミリー向けの間取りとは

子供が成長して、それぞれのリズムや生活スタイルがしっかりしてきた場合は、子供たちのプライベートを意識して、しっかりと子供部屋を設けておくようにしましょう。

二世帯向けの間取りとは

二世帯向けと一口に言っても、どこまで共有のものにするかは様々です。親世帯との関係性にもよっても変わってくるでしょう。その中でも、お風呂、洗面、トイレ、キッチンといった水まわりは分けておくことをおススメします。家族の人数も増え、それぞれ異なったリズムを持っている為、水まわりを分けておく方が、自分たちのペースを崩すことがない為、お互いのストレスを減らすことができます。

愛知の注文住宅を希望しているなら、こだわりの条件を大事にしましょう。工務店のスタッフが親身になって対応してくれますから、満足度が高い注文住宅を実現します。