北海道の賃貸物件は寒冷地用にできています

北海道の寒冷地用の賃貸物件

北海道は寒い冬が問題です。賃貸物件が寒さ対策がきちんとしていないと、水道管が凍って破裂しやすくなりますし、また家には断熱材などが入っていないといくらストーブで部屋を暖めても熱が外に逃げてしまいます。また、その分ストーブの燃料代も高くなりますので、しっかりと冬対策のできた賃貸物件であることが必要です。

その代わり夏は、最高気温は30度に達してもそれほど長くは続きません。冷房がある家庭は少なく、せいぜい飲食店やオフィス、公共交通などに冷房がある程度です。北海道の夏は短く、すぐに秋になり、やがて寒い冬がやって来ます。元々北海道で長く暮らしている北海道民は慣れていますが、転勤などで北海道に来たばかりの方は冬の寒さに驚くでしょう。

家族構成と間取りと賃貸物件

さて、北海道の賃貸物件でも備え付けのストーブがあるだけで、後は本州などと間取りなどは変わりありません。夫婦二人の場合は、2LDKぐらいで、リビングの他には寝室ともう一つ本や服などを置いておく部屋があれば十分です。しかし、子供ができて成長するとやがて子ども部屋が欲しいと主張します。ですから子供の人数に合わせて、部屋も増やすことになるでしょう。

子どもが1人だと3LDK、2人だと4LDKというようになります。しかし、4LDKだと家賃が高くなるので、夫婦の部屋は寝室のみとして、残りは子供部屋とすれば3LDKで良いことになります。子供は親元にいるのは学生時代ぐらいまでですので、あまり大きい家を借りても家賃が高くなるだけですので多少狭くても我慢は必要かもしれません。

北海道の釧路でも賃貸物件は数多くあります。急な転勤でも釧路の賃貸物件を地元の不動産やインターネットで探せます。