注文住宅を建築するときの2つのデザインとは

従来工法で住宅を建築するパターン

注文住宅を建築するときには、その工法をよく理解しておく必要があります。現在の日本の住宅の工法は大きく2種類に分かれるところです。1つが従来工法と呼ばれるものになりますが、これは昔からの日本家屋で用いられていた工法です。基本的に、広い間口にしてあるのがポイントで玄関などが大きく設計されているだけでなく窓も大きめに設置することが可能になります。

従来工法のポイントは、リフォームしやすいことと言えるでしょう。建物を柱で支えているため壁等は簡単に取り払うことが可能になります。つまり、壁を1部変更したとしても耐震性が大きく変わる事はまずありません。将来的にリフォームを考えている場合には従来工法で建築するとリフォームしやすくなります。

ツーバイフォー工法とはどのようなものか

日本の従来工法に対して、アメリカから入ってきた住宅の建築スタイルをツーバイフォー工法と言います。これはどのような特徴があるかと言えば、名前の通り2インチと6インチの柱が用いられておりこれが住宅を支える役割を果たしています。つまり、従来工法のように太い柱等は存在せず建物全体で住宅を支える仕組みです。ツーバイフォー工法の特徴は、大きな地震が来た時にも耐震性が非常に高いため日本の住宅にはある意味ぴったりと言えるでしょう。

1つ欠点があるとすれば、リフォームがしにくいことです。壁も含めて住宅を支えていることになりますので壁を撤去するレベルのリフォームは行うのが難しいことを頭に入れておくと良いです。

福岡の注文住宅を選ぶならハウスメーカーや工務店があります。建築実例も参考にできるため相談しやすいと人気です。