家づくりで大切な資金計画は不動産会社に相談しよう

多額の費用がかかってきます

どの地域にマイホームを購入するのかによって、総額でどれくらいの金額がかかるか大きく変わります。土地代がとても高い都内で注文住宅を建てた場合と地方の田舎で注文住宅で家を建てた場合では、物凄く大きな金額差になってきます。ただ、どんなに安い家を注文住宅で建てたとしても、たいてい人生の中で最大級の買い物になることに違いはありません。ですから、多くの人々が金融機関から住宅ローンという形でお金を借ります。どんな家にするのかを検討していくことも大事ですが、資金計画についても家の購入同様に大切なことですから、時間をかけて不動産会社に相談して資金計画を組み立てていきましょう。不動産会社に相談すれば、不動産会社の方でシミュレーションを行ってくれます。シミュレーションを行うことで簡単にどれくらいの家を買うのがベストなのか、これがひと目でわかります。

賃貸物件の家賃と比較する

注文住宅でマイホームを購入するときに金融機関からお金を借りる時、最大いくらまで借りることができるから最大の金額を借りてしまおうではなく、今までの家賃と比較します。例えば、今まで賃貸物件暮らしをしていて、月々10万円の家賃を支払っていたとします。マイホームを購入すれば、今度は家賃に代わり、住宅ローンの返済がスタートします。月々10万円支払っていたなら、同額または同額より少し低い金額を返済していくのがベストです。この金額設定で、ボーナス時の一部返済を含めて35年返済にしたとき、いくらまで借りることができるか算出しましょう。これでいくらぐらいの家を買うことができるかわかります。

2000万の家が注目を集めています。2000万円は一般的な相場からすると破格となっており、これまでマイホーム購入に踏み切れなかった方からも支持を得ています。