きれいなだけじゃダメ!?店舗デザインの重要なポイント

動線にこだわった店舗づくりが重要

店舗デザインの重要性としては、外装や内装の美しさだけではありません。設備や機能性に対しても理解しておかなければなりません。どんなにきれいなお店でも、動線がしっかりしていないと作業が滞りがちになり、店員たちのストレスにもなるといわれています。結果として業務がスムーズにいかなくなり、お客さんが来店しにくい店となるリスクが生じるでしょう。
対策としては内装と外装だけでなく、設備や機能性、スタッフが動く動線についても理解してデザインをすることが重要となります。機能性や設備の設置場所を考えてデザインするのはもちろんの事ですが、使うスタッフにとって使いやすくなければ、業務がスムーズに進みません。スタッフが使いやすい形で配置すること、動線にこだわって機能性を高めることがお客さんが来店しやすいお店作りとなるでしょう。

リスクがあるように見せかけたバランスが大切

ある一定の部分に特化しているお店は、個性的であることをコンセプトとして売り出すのであれば問題ありませんが、そのようなコンセプトのお店の場合、ある程度リスクがあることも事実です。そのため、個性的なコンセプトのように見えて、実はバランスが取れている店舗デザインをすることが重要となります。
機能性だけに特化しても武骨に見えてしまうだけでは、残念なお店と認識されがちです。どこかデザインにこだわっていないように見せかけるデザインをすることで、店舗のコンセプトに合ったものとなるでしょう。また、居抜きの物件を新たな店にデザインする場合であっても、以前の店の機能やデザインを生かしつつ、新たな店舗の顔として活用することが大切といわれています。

店舗の内装工事には、居抜き物件とスケルトン物件があります。居抜き物件は予算を抑えることが可能です。スケルトン物件は設計の自由度が高い反面、設備を一から揃えるため割高になります。