古くても需要が高いアパート!?大学生には最適な物件!

集合住宅が多い札幌北区

札幌北区には賃貸物件が多くあります。それら賃貸物件の多くはアパート等といった集合住宅がです。築年数も様々で、古い物件もあり賃料は安いです。一般的に古くなった物件は建て替えやリフォームをおこなうことが多いのですが、古いままでかつ安い賃料で住めるという恩恵を臨んでいる人も多くいます。

大学生が多く住む地域

札幌北区には全国的に有名な国立大学があります。大学自体が南北に長く、地下鉄駅で2駅程の長さにもなります。この大学に入学したい学生、また北海道に憧れている学生が多く入学してきます。その大学の半分が北海道外が地元の学生です。そのため当然、入学と同時に住む物件を借りすことになります。そのためこの界隈には多くのアパート等をはじめとした賃貸物件が多くあります。

賃料の安い古い物件の需要

地方から来ている学生は、仕送りを受けている学生もいまずが、バイトをしながら勉強をしている学生もいます。どちらの学生からしても住む物件の賃料は安い方が良く、必要最低限の設備がそろっている物件を探して入居します。新築物件は魅力的ですが反面賃料が高くなります。しかし大学生活の4年間の住みかと考えれば、多少は古くても我慢はできるでしょうし、安い物件に住んでお金を貯めることもできます。そのため、札幌北区の物件は新しいアパートだけが立ち並ぶのではなく、古いアパートも存在していて需要が非常に高いと言えます。長期間住むことを前提とした物件でなくてもいいので、大学の近辺には入居サイクルが4年位の物件が多くなっています。

麻生の賃貸物件は、札幌市まで地下鉄一本でつながってることもあり年々高騰しています。始発で乗れることも大きな要因です。