日当たりなら東や南を優先する?西や北のメリットはないの?

リビングは南向きか東向きか

住宅を購入したり建てる時、間取りを考える必要があります。建売にしても、いろいろな間取りがあるので、できれば自分たちの生活に合うタイプを選びたいです。土地があって建てるのであれば、日当たりなどを考慮して間取りを決めると良いかもしれません。一般的には、リビングは東向きか南向きが良いとされます。東向きは午前中を中心として日差しが期待できるので、午前中にいろいろな活動をする家庭では良いと言えます。南向きは、一日を通して日当たりが良い方向です。ただ、その土地によっては日当たりが良い方向と良くない方向があります。南向きでも高い建物があると日照時間に制限が出るかもしれません。将来何かが建つかも想定して決める必要があります。

西側や北側はリビングには向かないか

タワーマンションだと四方にそれぞれベランダがあります。東や南向きのベランダを選ぶ人もいれば、西向きや北向きを選ぶ人もいます。一般的には東や南を選ぶとされていますが、西や北でもメリットがあるのかです。それを知っていれば日当たりを考慮した間取りを取れるようになります。西向きの問題として、夏の強い西日があります。まぶしいだけでなく、暑さも残りやすいです。逆に冬の西日は夕方以降の暖かさをもたらしてくれます。暖房は必要ですが、暗くなってからもそれほど強くかける必要はありません。北向きは、太陽の日差しは直接入りません。その分夏はそれほど暑くなりません。冬に寒いイメージがありますが、開放感があればそれなりに明るく過ごせます。

同じ部屋数でも間取りによって使い勝手や雰囲気が全く異なります。家具や家電を置くことをイメージしながらライフスタイルに合ったお部屋選びをしましょう。